新卒エントリー 中途エントリー
03-6262-3649
INTERVIEW / 人を知る

コンサルではできなかったことを、
思う存分できる環境がここにはある。

事業推進部 K.T

目次

  • 現在の業務内容について
  • 鎌倉新書に入った理由
  • 今後の戦略について

現在の業務内容について

私のいる事業推進室というのは、事業提携やM&Aを通じて、この会社の次の売上を作っていくといったことを担当しています。 この会社が非連続な成長をするために非常に重要な役割を持っています。

現在、葬儀・お墓・仏壇の各事業部は順調に伸びていまして、それでも十分成長していけるとは思っているのですが、 この会社の成長や業界の変革を更に加速させるためには、事業ドメインをもっと増やして業界内での立ち位置を変えるとか、PRの強化とかが必要だと考えています。

ですから、普段の仕事としては、会社が成長するために必要な次の一手をひたすら考え、それを形にしていく、といった内容になります。 日々の売上を追いかけるわけではないので、ちょっと社内でも特殊なポジションにはなります。


鎌倉新書に入った理由

新卒でベイン・アンド・カンパニーというコンサルティングの会社に入りました。次に、楽天で10年ほどお仕事をしたあと、独立し、いろんなベンチャーをお手伝いしていました。
実は、その事業自体はとてもうまくいっていました。仕事もあり、収入もあって、平和である、と。しかし、相木が鎌倉新書に来るタイミングで、私も誘われまして、再び戦場に引き戻されました。

それにあたって、色々と調べてみたのですが、鎌倉新書の所属する業界というのはまだまだIT化が進んでいない、手付かずな業界なんだ言うことにすぐに気づきました。 シニアビジネスというのが注目されてもう20年ぐらいになりますが、IT系で特別うまくいったところというのはまだないんですね。その中で、鎌倉新書はこの業界をリードしていける存在であり、非常に興味を持ちました。

また、どれだけ市場が魅力的でも、それを誰がやるか、やりきらなければ意味がないのですが、会長の清水という人間が既存の枠組みにとらわれず、 本質的にこうあるべきだ、と考える人間で、会社の文化にもそういった信念を感じたこともあって、是非一緒にやっていきたいと思い入社することにしました。

コンサル出身者が事業会社に行く理由について

事業会社とコンサルは、同じようにビジネスをやっている会社ではあるのですが、できることとできないこと、というのはそれぞれにあります。

戦略コンサルティングの会社では、各業界のトップ企業とお仕事をすることができました。売上が数千億とか兆とかの単位の会社です。 そういった巨大な企業で、業界のトップを走る企業に対してソリューションを提案することができたというのはとても有意義なことでもありましたし、勉強にもなりました。 クライアントが変われば業種も変わります。いろいろなものを見る面白さもありました。

一方で、考えたソリューションを実行する部分はクライアント側の責任になります。単にプランニングするだけではなく、 それを実際に自分の手でやってみて成果を出したい、というのは事業会社に移りたいと考えたひとつのきっかけでした。

鎌倉新書に入って気づいたこと

いままでのサービスは、自分がユーザとして使うものが多く、言い換えるとどういうサービスが必要であるかのイメージが湧きやすかった。 B to Bのサービスでも顧客が考えていることを想像できることが多かった。でも、B to Cの老年齢向けのサービスというと、どんなサービスがいいのか?といったことで全く想像がつかないんですね。 自分がユーザではないので。しかも、インターネットとかでリーチすることも難しい。こういう経験はもしかすると私にとって初めてかもしれません。

なので、もっともっと実際の利用者の方の声を聞きたいなと思っています。

あと、とにかく、この業界にはチャンスがある、ということですね。業界全体としてユーザ数が伸びる、追い風の吹いている状態です。 一方でまだまだインターネットの利用者数はまだまだ低い。特別に大きなプレイヤーもいない。その掛け算で、日本有数のまだまだ伸びる分野だと改めて実感しました。

鎌倉新書のひとについて

会社によっては、派閥であったり、足の引っ張り合いであったり、あまり綺麗でない人と人のバトルみたいなことであったり、ハラスメントがあったり、 そういう組織における負の要素があったりしますが、鎌倉新書については、そういうことは一切ないです。紳士的というか、お互いに思いやりをもって接することが多いです。 ご供養ごとといった人生の大切な局面に係るビジネスをしているからかもしれません。

組織としても非常に風通しがいいです。経営陣も部長も、本当に気軽に話を聞いてくれるので、特に新卒や大企業から来た方にとってはやりやすいんじゃないでしょうか。 あと、「ポジション争い」みたいなことも起きにくいです。 なぜなら、組織がフラットで、どんどん事業ドメインを増やしているので、ポジションがどんどん増えているからです。 同期同志で限られた椅子を狙う、みたいな文化はありませんね。(笑)

成果は成果として求めるべきで、それが第一であることは間違いないのですが、コミュニケーションも非常に重要です。

まとめていうと「いい人が多い」ということでしょうか。社内でも割りとそれはよく言われたりします。


今後の戦略について

ユーザ数は安定的に獲得できていますし、インターネットの利用率が非常に少ない中でまだまだこれから伸びしろがあると思っています。

一方で、今後の成長を考えていった時に、ドライバーの1つとしてPR戦略は欠かせないと思っています。葬儀だけ、とか、お墓だけ、といった各サービスごとにはもちろんWebを中心にプロモーションをやっていますが、 会社全体としてのPRとか、横串にしたプロモーションとかそういったことも考えていく必要があるのではないかと思っています。

テレビ番組もシニア視聴者を意識した番組構成が増えています。それで、私たちのところに情報を求めて来られることがよくあります。 お墓の売れ行きだったり、葬儀の価格だったり、あるいは実際に検討しているお客様を探したり、といったことです。 そういった機会をうまく使って、この会社を高齢者の方、及び幅広い層の方に知っていただいて、よりお客様に本当に必要とされるようなサービスをリリースしていきたいと思っています。

その結果、お客様がよりご納得して最期を迎えられる、お別れができる、そういった世の中になっていけばいいなと思います。

他の仲間のインタビュー
M.F
アートディレクター

M.F

新卒一年目からアートディレクター。
そして、新規事業へのチャレンジ。

Y.A
エンジニア

Y.A

高齢化社会にエンジニアとして
課題解決できるチャンスが無限大にある。