新卒エントリー 中途エントリー
03-6262-3649
BUSINESS / 事業を知る

新規事業について

目次

  • 鎌倉新書の新規事業について
  • お別れ会プロデュース Story
  • Storyのサービスの流れ

鎌倉新書の新規事業について

鎌倉新書では様々な新規事業に取り組んでいます。

当社の事業ドメインは「葬儀」「お墓」「仏壇」といった、いわゆるご供養に係る業界ですが、近年、終活・相続・遺言といった周辺領域を含めた「エンディングビジネス」と言われる領域にまで踏み込んで、事業ドメインを広げています。 これらを貫く根底には、シニア世代の方々に、より自分らしく最後まで生きていきたいという思いがあります。 これを私たちは「シニア世代の自己実現を叶える」事業と定義しています。今後もより広い領域へとビジネスを拡大していきます。

このページでは、それら新規事業の1つである「Story」事業について、ご説明を致します。

お別れ会プロデュース Story

“Storyとは、鎌倉新書が推進する新しいお別れのカタチです
現在、家族だけで密かに葬儀をする小規模なお葬式が増えてきました。
単なる決められた形通りの式ではなく、本人と生前の間に関係があった人との間で、これまでの愛情に感謝し、 お別れを告げるために、「どういうお別れが、今の時代に求められているのか?」を徹底的に考えました。
その答えが「自分たちにふさわしいやり方で故人と向き合うこと」でした。


「お葬式」と「お別れ会」の違い

「どういうお別れが、今の時代に求められているのか?」を徹底的に考えました。
その答えが「自分たちにふさわしいやり方で故人と向き合うこと」でした。


お別れ会1

ある事例では、少年野球の監督だった人のために、野球のグラウンドを模った祭壇を作り、始球式ならぬ終球式を執り行いました。 また、別の事例では、生前に故人と行った思い出の場所に旅行をして、そこでお別れ会をする、ということも行いました。
故人のことを考え、よりその人らしいお別れ会をやった結果、Storyで見られる皆さんの顔は泣き顔ではなく、笑顔が中心になります。


お別れ会2

Storyはこれまでのお葬式を否定するものではありません。お別れの方法はひとそれぞれであって欲しい、そういう願いからこのサービスを始めました。

Storyのサービスの流れ

鎌倉新書のサービスはWEBサイトを使った情報提供がメインとなっていますが、 「Story」に関しては、単なるお別れ会に関する相談と情報提供だけではなく、 実際に企画を考え、予算をご提示し、会場の手配、小物の準備、当日の受付といったプロデュース業務すべてを行います。

  1. 1 . 問い合わせ

    コールセンターで問い合わせを受け付けます。
    その時に、大体の概要、時期、人数、ご予算などをお伺いいたします。
  2. 2 . ご面談

    お客様の元や、当社内にてご面談を致します。
    そこで詳細な内容をお伺いし、ご家族様の想いを聞かせていただきます。
  3. 3 . プランニング

    お別れ会の内容について具体的なご提案を致します。プランニングでは次のような内容をお話します。・会場案・料理(出す場合)・当日の進行・演出・ご予算
  4. 4 . 準備・制作

    招待状の制作や、当日の演出、飾り付けといった準備作業を行います。
  5. 5 . 実施

    当日、受付・進行などの対応を致します。会場によっては、当社社員ではなく、パートナー企業にてご対応いただくこともあります。

スタッフのコメント

Story アートディレクター

M.F

ウェブだけのサービスではなく、実際のお別れ会の実施まで深くサポートすることが他の事業部とは全く異なります。

リアルイベントだけあって、当初こそバタバタとやっていましたが、最近では、ご遺族様に寄り添い、最適なご提案をして、 それを最後まで一緒に体験できる、という、WEBサービスではなかなか経験できないことにやりがいと楽しさを感じています。

こちらのコンテンツも
併せてご覧ください。
葬儀や墓石、仏壇などのライフエンディングに関する業界の現況についてご説明します。
取り巻く環境